« 所詮は卑怯者 | トップページ | 警察の職務怠慢ぶり »

2016年5月18日 (水)

GW

5月の連休中。
終始顕正新聞の特集号の配布をしました。
実家の周辺にもポスティングしたのだけど、特に輸血拒否のあの団体の周辺に配ったら、どっかで見たことあるな、と思ったら、実家に聖書を勧めて来た30くらいのバカ男。
学会員は、とても悪い人には見えない人が多いのに対して、輸血拒否団体は、顔が悪人面してるわ。
顕正会員の若い男性はイケメン揃いで爽やか系なのに対して、輸血拒否のあの団体の若い男性は暗くて陰鬱な感じのくせして、やることなすことえげつないし、笑い方も人小バカにしていて、今回起きた熊本地震の話したら、顕正会が一番正しくて、被災者を第一に考えてくれる人は、浅井先生だということがハッキリしましたよ。
被災地の熊本の顕正会員達。
不安でいっぱいだろうに、救援物資を、自分達だけは申し訳ないと、逆縁の人ににも分けたりする心配り、頭が下がります。
ですが、輸血拒否団体のバカ男の奴は、鼻で笑い、何にも感じてないと見た!
同級生に、輸血拒否団体の信者いたけど、そいつも人の不幸をゲラゲラ笑ってたから同類だな。

バカ男とやり取りしてる所に顔見知りのご婦人。
『特集号、私の知り合いにも欲しいと言ってる人いるから下さい。』
と言ってきて、そこで10部差し上げましたが、バカ男が横から顕正新聞にケチつけて来ましたが、
『会長の慈悲深いお心を知らないなんて、秡当たりますよ。』
と、バッサリ。

顕正会員でなくても話のわかる人はたくさんいるんだな、と実感したGWでした。

« 所詮は卑怯者 | トップページ | 警察の職務怠慢ぶり »

顕正会で良かった」カテゴリの記事

無料ブログはココログ